2009年12月07日

天使のくれた時間

2000年
監督:ブレット・ラトナー
出演:ニコラス・ケイジ、ティア・レオーニ、ドン・チードル、ジェレミー・ピヴェン、ソウル・ルビネック、ジョセフ・ソマー、ジェイク・ミルコヴィッチ、ライアン・ミルコヴィッチ、リサ・ソーンヒル、ハーヴ・プレスネル、メアリー・ベス・ハート/125分

紹介記事はコチラ。


posted by 十瑠 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画タイトル/ タ〜ハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

桃色(ピンク)の店 【movie】

1940年
製作・監督:エルンスト・ルビッチ
出演:ジェームズ・スチュワート、マーガレット・サラヴァン、フランク・モーガン、ジョセフ・シルドクラウト、フェリックス・ブレサート、ウィリアム・トレイシー/97分

1998年にトム・ハンクス、メグ・ライアンでリメイクされた「ユー・ガット・メール」の元ネタ。
文通の相手が同じ店に勤める犬猿の仲の男女だったら・・・。
ケンカするほど仲がイイっていうのはこういうことなんでしょうか。
ラストの、クリスマスの夜の告白がロマンチック♪

※ 紹介記事はコチラ

posted by 十瑠 at 16:37| 映画タイトル/ タ〜ハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

ペーパー・ムーン 【movie】

1973年
製作・監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
出演:ライアン・オニール、テイタム・オニール、マデリーン・カーン、ジョン・ヒラーマン、P・J・ジョンソン、ランディ・クエイド/103分

 1935年のアメリカ中西部が舞台のロード・ムービーの傑作で、1973年のアメリカbPのヒット作。

 実の親子ライアンとテータムが、本当は親子かも知れない関係の大人と子供に扮し、色々な詐欺をして旅をするという人情コメディ。

※詳しいレビューはコチラ

posted by 十瑠 at 13:35| 映画タイトル/ タ〜ハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

ノー・マンズ・ランド 【movie】

2001年
監督/ダニス・タノヴィッチ
出演/ブランコ・ジュリッチ、レネ・ビトラヤツ

 ボスニア・ヘルツェゴビナ戦争をブラック・コメディ風に描き、2001年度アカデミー外国語映画賞を受賞した反戦映画の秀作です。

 ボスニア人監督ダニス・タノヴィッチの『戦争ってなんだ!人と人の争いって何なんだ!この馬鹿馬鹿しさが分からんのか!』という怒りの声が聞こえてきそうなラスト・シーンでありました。

 詳しいレビューはコチラ

posted by 十瑠 at 05:39| 映画タイトル/ タ〜ハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

チルソクの夏 【movie】

2003年
監督・脚本/佐々部清
出演/水谷妃里、上野樹里、桂亜沙美、三村恭代、淳評、高樹澪、山本譲二、金沢碧、夏木マリ、谷川真理、竹井みどり、イルカ、福士誠治(114分)

 “チルソク”とは韓国語で“七夕”のこと。
 時は1977年。釜山での競技会で知り合った下関の女子高校生と釜山の男子高校生との一年をかけた純愛の物語である。
 『来年の七夕に、もう一度逢おう。』それが二人の約束だった。

 モノトーンのエンドクレジットで流れる、イルカの「♪なごり雪」。
 最初は韓国語で、その後日本語で唄われる、囁くようなイルカの歌声が心にしみる青春映画です。

 詳しいレビューはコチラ

posted by 十瑠 at 09:25| 映画タイトル/ タ〜ハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。