2006年07月30日

街の灯 【movie】

1931年
監督・製作・脚本:チャールズ・チャップリン
出演:チャールズ・チャップリン、ヴァージニア・チェリル、フローレンス・リー、ハリー・マイアーズ、アラン・ガルシア、ハンク・マン/86分

 盲目の花売り娘と彼女を助けようといじらしい程の奮闘ぶりを見せる街の風来坊の話。
 コント満載で可笑しいのにラスト・シーンではジーンと泣けてくる、サイレント映画の名作です。

※レビューはコチラ

posted by 十瑠 at 06:32| 映画タイトル/ マ〜ワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

モダン・タイムス 【movie】

1936年
監督・製作・脚本・音楽:チャールズ・チャップリン
出演:チャールズ・チャップリン、ポーレット・ゴダード、チェスター・コンクリン、ヘンリー・バーグマン/87分

 燕尾服に山高帽、ドタ靴にステッキというお馴染みのチャップリンのスタイルが最後となった作品。初めてチャップリンが声を発した映画でもあります。
 抱腹絶倒のオカシサと機械化の問題点をいち早く指摘した天才チャップリンの名作。

レビューはコチラ

posted by 十瑠 at 16:40| 映画タイトル/ マ〜ワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クジラの島の少女 【movie】

2002年
監督・脚本:ニキ・カーロ
出演:ケイシャ・キャッスル=ヒューズ、ラウィリ・パラテーン、ヴィッキー・ホートン、クリフ・カーティス、グラント・ロア/102分

 過疎化と伝統が失われていく村の現状を憂いたマオリの族長と、伝統を受け継ごうとするも女性であるが故に思いが受け入れられない孫娘との葛藤を描いたニュージーランド映画。
 主演の少女(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)が史上最年少(13歳)の主演オスカー候補になった事でも話題になった作品。

※レビューはコチラ

posted by 十瑠 at 16:30| 映画タイトル/ ア〜サ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

ペーパー・ムーン 【movie】

1973年
製作・監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
出演:ライアン・オニール、テイタム・オニール、マデリーン・カーン、ジョン・ヒラーマン、P・J・ジョンソン、ランディ・クエイド/103分

 1935年のアメリカ中西部が舞台のロード・ムービーの傑作で、1973年のアメリカbPのヒット作。

 実の親子ライアンとテータムが、本当は親子かも知れない関係の大人と子供に扮し、色々な詐欺をして旅をするという人情コメディ。

※詳しいレビューはコチラ

posted by 十瑠 at 13:35| 映画タイトル/ タ〜ハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。